カルティエの時計の種類と魅力

カルティエは1847年にフランスで宝石細工師のルイ=フランソワ・カルティエが創始したブランドで、ジュエリーブランドとして世界的に有名です。また現在の腕時計はカルティエが1904年にブラジルの大富豪で航空界の先駆者だった友人のサントス・デュモンの依頼を受けて作った「サントス」が原型といわれています。その洗練されたデザインで、それまで男性に身につけられていた懐中時計は腕時計へと変わるようになりました。現在でもカルティエと言うと「サントス」と言われるまでに人気のこのモデルはローマ数字の四角い文字盤に飛行機の部品をイメージしたビスが打ち込まれるなどしたメンズライクな特徴があります。エル・ジャウイ公にプールでも使える防水の時計の制作を依頼されて作ったといわれる「パシャ」はラウンド型で、スポーツウォッチとしての機能を持ちながら、カルティエならではのエレガントさを併せ持つという特徴があります。「タンク」は第一次世界大戦がきっかけとなって作られたと言われ、フランスのルノー製の戦車をイメージに作られています。キャタピラーを思わせるデザインや、直線的な力強いフォルムは洗練されてスタイリッシュな印象を持ち、カルティエの中でも多くの人々に愛されています。