カルティエガイド

カルティエとは

カルティエとは日本でもその高級ブランドは長く愛される存在であり、誕生をしたのは世界のモード界をリードするおしゃれの発信拠点である、フランスのパリです。フランスにおいてはまさにひらないものはいないほど、有名な高級ブランドであり、数々のフランスの高級ジュエリー、そして高級時計を手がけています。

日本人にもとても馴染みのある、都内でも一等地にお店を持つような高級ブランドは、日本でも世界でも長く愛され続けていて、その魅力が途絶えることはありません。

その昔の王様の言葉にも残るほどの、宝石商の王であること、王の宝石商とも呼ばれるほど、まさにフランス業界においての由緒ある名門の最高級ブランドです。

きらめく眩いばかりの宝石はお得意な分野であり、ほかにも高級な筆記用具、高級ライター、高級な革製品なども幅広く取り扱いをしています。その歴史は大変古いものであり、フランスのパリでの設立は、1847年のことです。

パリという華々しい場所でてジュエリーのメゾンを始めたのは1847年のこと、そこから世界へ名を馳せることになる高級ブランドは可動を始めました。これほどまでに世界に認められるブランドになるとは、その時代に誰が確信をしたことでしょう。

カルティエ 買取

現代このブランドは最高級ブランドという地位を不動のものとしており、世界5大ジュエラーとして呼ばれることさえあるほど、もはやパリのではなく世界に認められている高級トップブランドです。

基本にあったのはモードをつくること、路線はアバンギャルドであること、こうして新しい世界へのブランドの革新はとどまることなく進められていきました。その時代の流れは今も受け継がれていて、このブランドのスタンダードにもなっている、誰もが愛するプラチナを使うこと、ここにも通じています。

幾何学デザインのジュエリーを試作したり、量産型腕時計、そしてブレスレッドウォッチの製作に取り組むなど、常に新たなチャレンジをすることにも熱心であり、やがてアルファベットのCを、見事に組み合わせた特徴的なロゴマークが、ついには誕生することにもなりました。

このトップブランドが成長を特にスピードアップさせたのは、20世紀前半にかけてのことであり、すでに15ヶ国の王室御用達を勅許状を拝命するという快挙を、1939年までには行っている実欲には圧巻です。パリにある本店には、入口には、9王室の紋章は現在も誇らしげに掲げられています。

カルティエ買取実績